RECENT POSTS: 


私たちの心は、今だけでなく、過去にも未来にも、瞬時に移動できる優れものです。そのお陰で、私たちの社会生活は成り立っているともいえます。ただ、あまりに心がせわしなく動き回ると、心の入れ物である体は、振り回されたような疲労感を覚えてしまいます。

そんな時こそ、「マインドフルネス」というあり方、今この瞬間に気づき、何ものにもジャッジせずに、ありのままで存在するというあり方に戻ると、体は安心して、リラックスすることができるのです。

今日は、マインドフルネスへの入口として、「スローダウンする」ことを試してみましょう。

例えば、肩が凝ったなと感じる時、その肩を回す動きでほぐしたりします。この動きをいつもの倍くらいの時間をかけるつもりで、ゆっくり行ってみてください。すると何が起きるでしょうか?

スローダウンすることで起きること

  • 肩を動かすのは気持ちよいものの、「もっとはやく動かしたい」という思いが湧いてくる。

  • いつものペースで動かせないことで、イライラしたり、物足りなさを感じる。

  • 気づいたら、いつもの早めのペースに戻っている。

◎ここで大切なのは、どんな思いや感情が湧いてきても、それを受け入れるようにしてみることです。そして、早いペースに戻っていることに気づいたら、再び動きをスローダウンさせるようにします。

  • 思いや感情を受け入れると、しだいに心が動かすことにフォーカスされてくる。

  • 動かしている肩や腕に生じる感覚や、動きに合わせて体が吸ったり吐いたりするのに気づき始める。

  • 心が、体や呼吸に集中した状態が続き、気持ちが落ち着いてくる。

◎起きていることをできるだけジャッジせず、そのままを観ている状態を「マインドフルネス」といいます。動きをスローダウンさせることで、体や呼吸に起きていることをそのままに観て、感じている「マインドフルな状態」に入っていきやすくなります。

日常生活で心の忙しなさが増してきたなと感じたら、今している動きをスローダウンさせたり、時には一度、ストップさせてみましょう。意識が「今」という瞬間に戻り、マインドフルな状態に入りやすくなります。何かをスローダウンさせたり、ブレイク(休み)をとることに後ろめたさを感じる人がもいるかもしれませんが、その瞬間こそ、体や心が緊張から解放され、リラックスできる瞬間になり得るのです。ほんの数呼吸だけでも、ぜひ試してみてください。


ヨガクラスを教えていると、「先生」と呼ばれることがあります。実際、ヨガ教師という肩書きで仕事をしているし、ヨガクラスを進行しながら、体の動かし方を指示し、さまざまなヨガポーズへと導く役割もあるので、間違った呼び方ではないのだと思います。ただ、一般に「先生」や「教師」という言葉には、「自分の知らないことを教えてくれる人」という意味が込められていることが多く、その点で「先生」と呼ばれることへの違和感が起きます。

なぜなら、私がヨガクラスで提供したいと願っていることが、「一人ひとりが自分の体を通して、自分自身と過ごす時間」だからです。ヨガへの理解を深める知識や、ポーズをとるための技術は、ヨガを安全に、そして安心して行えるように伝えているに過ぎません。

クリパルヨガでは、「グル(精神的指導者)は自分の中に宿っている」と教えていて、クラスの中で唱えられる「Jai Bhagwan(ジャイ・バグワン)」という言葉には、「自分自身の内に宿る神聖な存在に敬意を表す」という意味があります。ヨガの本質とは、与えられるものではなく、ヨガをする人が自分自身のなかに見出すものなのです。

そうした意味において、ヨガ教師の本来の役割とは、何かを教えるというより、その人自身のヨガを体験するための安全な環境を作ることだと思っています。

もちろん、ヨガクラスでわからないことや、しっくりこないことがあったら、ぜひヨガ教師にたずねてほしいと思います。ヨガ教師にとって、クラスに参加してくれた人とヨガを通してコミュニケーションがとれること自体が嬉しいことですし、ちょっとした疑問がヨガを深める入り口になることが多いからです。

もし、それが質問であったら、直接的に答えられる事柄は、安全にヨガをするための知識に限られるかもしれません。ただ、それが未体験のプロセスだったり、マインドの不安から生じているものであれば、ヨガ教師自身が自分の体験から伝えられることもあります。

ヨガから受け取る気づきや学びのプロセスは、人それぞれで、とてもユニークです。私がヨガ教師として活動しているのは、そのプロセスの豊かさや多様性に触れたいから、というのも理由の一つだと思っています。


瞑想していると、自分が気になっていることやアイデアが浮かんで、止まらなくなることってありませんか?

そんな考えやアイデアは脇において、対象となる呼吸に集中しようとしても、気づけばさっきの考えに戻っている。そんな状態です。

私自身、気がかりな事柄が思い出されて、なかなか心が落ち着かないことがあります。「それも一つの瞑想体験だよね」と自分なりに受け入れていますが、あるワークを取り入れるようになって、瞑想に集中できないという状況からも恩恵は受けられると分かり、瞑想をより柔軟に楽しめるようになってきました。

そのワークとは、「瞑想と瞑想の間にジャーナルの時間をもつ」というだけの、いたってシンプルなものです。

具体的には、前半の瞑想を終えたら、その時、心に涌き上がっているものをぱっと書き出します。考えずに書けるだけで十分なので、何も出てこなくなったら、ジャーナルは終わりにします。すると、自分の中がすっきりとクリアになる感じがあって、後半の瞑想では集中力が高まっているのを実感することが多いのです。

もちろん、体験はその時々で変わりますが、比較的短い時間で自分をリセットしたい時、このワークは効果的なように感じます。自分が指導する瞑想クラスでは、10分ほどの瞑想を2回行うのですが、このワークを体験してもらったところ、「書き出すことで、いったん頭を空にできた」「書くことで自分の中が整理され、統合された感じになった」という声をよく聞きました。ここでは、ジャーナルに書いた内容以上に、書き出すという行為に意味があるようです。それは、自分の中で起きたことを「紙やノート」という受け皿に預けることで、記された事柄を内容に関わらず、そのまま受け止めることにつながるからです。

ヴィパッサナー瞑想のリトリートなどでは、メモ用紙や筆記具を持ち込まず瞑想に取り組むため、私自身は、自分の中で生まれては消えていくものに執着しないという体験をしました。これは何にも変えがたい体験でしたが、反対に、瞑想の途中にジャーナリングするというアプローチもなかなか面白い体験だと思うようになりました。初心者の方には、瞑想に取り組みやすくなるアプローチだと思うので、おすすめです。

© 2015-2020 Fumi Kashiwagi