RECENT POSTS: 

キース・ジャレット・トリオ

キース・ジャレット、ゲイリー・ピーコック、ジャック・ディジョネットのライブに出かけた。トリオ結成30周年記念公演と銘打たれたライブは、トリオでの最後の来日公演となるらしい。私にとっては、最初で最後のトリオ公演だ。 会場となったオーチャードホールに入るのは今回が初めて。足を踏み入れた瞬間、ぞくぞくと身震いがした。少し早めに到着したこともあって、人影もまばら。そのせいか、一つひとつの音の響きが際立って感じられた。なぜか、「うーわー、ここで演奏するんだ!」と、興奮と緊張感がやってきた。この人、さも自分がステージに立つかのようにワクワクしている。 今回は、欲張って2公演を予約。ともに1階席をとったが、1公演目は、1段高い席からトリオが真正面に見える席。前の人の影を気にすることなく、全体が見れるという夢のような席だった。そして2公演目は、1公演目より前列の左側の席。1公演目はキースの横顔や手元がよく見えたが、2公演目はキースの背中がよく見えた。その背中を見ながら聴いていると、キースの中に流れているプラーナが感じられ、一体感を覚えるほどだった。 大きなホールでジャズトリオを聴くのは久しぶりだったからか、公演が始まってしばらくは、音の全体がつかめないもどかしさを感じていた。ピアノを聴くと、ドラムの音が聴けない。ドラムを聴くと、ベースが聴けない、というように。まだ、自分のチャネルが十分開けていない、準備ができていなかったのかもしれない。 曲が進むごとに、大きな音から小さな音までが、リズムとともに混ざり合って、波のように表情を変えていく様を楽しんでいる自分がいた。3人の奏でる音のバランス、重なり

© 2015-2020 Fumi Kashiwagi