RECENT POSTS: 

?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="no"?

映画「ディオールと私」を観た。

クリスチャン・ディオールのデザイナー、ラフ・シモンズが、就任して初めてのコレクションを発表するまでの8週間を追ったドキュメント作品で、創造することの喜びと、障害となるものとの戦いが描かれている。オートクチュールという狭い世界の話であっても、どこか普遍性がある。チームとして何かを始めようとするときの臨場感を味わえたのがとても面白かった。

ベルギー人であるラフは、映画の冒頭、とても物静かで神経質な人のように見えた。それは、オートクチュールのデザイナーを初めて務めるプレッシャーからであろうし、フランス語に堪能でないために、通訳を介して話さざるを得ないような環境のせいかもしれない。

そんな静かな人が、スタッフに強く言い切る場面があった。とある画家の作品にインスピレーションを受けた彼は、それをプリントした服地を作ると決めるが、担当者は、困難すぎる注文だと及び腰になっていた。しかし、彼は「僕は絶対に諦めない。それが完璧でなかったとしても、最後の最後まで諦めない」と断言した。

そこにクリエイトすることの本質と、ブランドを背負って立つデザイナーに求められる気質とを感じないではいられなかった。

私たちは、初めて取り組むことに対して「難しそうだ」「よく分からない」と消極的だったり、否定的な態度をとりがちだ。とくに他者から提案されたときに、そうなりやすい。

けれど、そこに「諦めない」と強く宣言できる人がいて、その人の言葉を実現するに値するだけの価値を共有できる関係があったとき、革新が生まれるのだろう。

ラフは本当に繊細な人らしく、写真を撮られたり、インタビューを受けるのも苦手だと言う。そんな彼の姿が、この映画の中でリアルに映し出された。ドレスが約束通りの時間に仕上がらないときは、静かな苛立ちをみせ、特注の服地が仕上ったときには、思わず声を上げ、笑みをもらす。ショーの当日は、緊張のあまり屋上に逃げ込み、震える。映画が進むにつれ、彼の置かれている立場への理解と共感が深まり、ショーのラストで男泣きする姿を見たときは、つられて泣きそうになってしまったほどだ。

彼にとって、自分の感覚への絶対的な信頼をもつことと、それが世間にブランドとして評価されることとは、別物なのだろう。映画のタイトルである「ディオールと私」は、彼に与えられた課題なのかもしれない。

魅力的だったのは、ラフだけでない。アトリエで働く職人たちの情熱にも心打たれた。

ディオールでは、デザイナーは変われど、アトリエの職人たちは変わらないという。長い人は40年以上も働いていて、創始者であるディオール亡き後も、ディオールとともにいるという誇りに包まれている。「彼らがディオールの魂なのだ」という言葉に深く感銘を受けた。

デザイナーと職人。それぞれに求められる役割を十全に果たすこと、そして、そこで起きる摩擦に最後まで向き合うことが、新しいものをクリエイトする力となる。そのエッセンスを十分受け取ることのできる映画だった。

?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="no"?​​

少し前に「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」というドキュメント映画を観た。

ローマという都市で生活する人々の日常を切り取った作品で、登場人物たちが、自分の家族や仲間などと話をしている様を撮っている。時に嘆いたり、ぼやいたり、その語り口がパッチワークのようにつなぎ合わされ、重ねられていく。

ドラマチックな展開や強烈なメッセージがある訳ではない。しかし、その構成は思慮深くまとめられていて、人々のさりげない会話は、いつしか本質的な、どこかで交わしたことのあるような、または聞いたことのあるような普遍的なものへと変わっていく。日常に潜む信仰や性、金、権力、死、メディアといったテーマがさりげなく匂わされるが、嫌らしさはなく、「この世界に生きるということ」を淡々と見せつけられる。映画を観終えた後、不思議と登場人物たちが愛おしくなっていた。

ストーリーがないにも関わらず、目が離せなくなるのは、カメラアングルの素晴らしさによると思う。新しい人物が登場したときのファーストショットは、その思いがけないアングルと、人物への想像力をかき立てるに十分な間合いによって、魅力にあふれている。

この映画がどんな形で終えられるのか、興味をもって観ていたのだが、そこには何もクロージングされるものがなかった。希望や絶望といった分かりやすい結論が一方的に提示されなかったことに、私は清々しさを感じる。すべては私たちの中で続いている、観る者が自分の人生で見つけるものだと言われているようだった。

ヨガスートラの8支則の一つである「プラティヤハーラ(制感)」を学ぶなかで、意識を「自分の呼吸」と「外界の音」を行ったり来たりさせるワークがあった。

自分にとって印象的だったのは、外界の音すべてを同時に感じる時、自分の心はとても穏やかだったのに、自分の呼吸に意識を置きながら外界の音を感じた時、ドキドキするような感情が湧き出たことだった。

音だけを感じている時は、あらゆる音が自由に流れていくのを、まるで目の前に川が流れていくのを見るように、リラックスして見ていられた気がする。

一方、自分の呼吸を意識すると、「自分」という意識がドキドキし始める。さっきまでは流れる川を端の方でくつろいで見ていたのに、今は川のど真ん中にいるような気がしてしまう。自分の周囲を音が流れていて、一瞬先は何が起こるか分からない。ここで私はどうしたいんだろう?そんなふうに問われているような気がして、急にドキドキする。もっと言えば、不安や緊張を感じるし、同時にワクワクする感じもある。なんともいえない、ドキドキなのだ。

それは、自分が傍観者ではなく、主体者になった時に感じるドキドキに通じる。その奥には何が潜んでいるのだろう。

© 2015-2020 Fumi Kashiwagi