© 2015-2018 Fumi Kashiwagi

    September 23, 2014

     

    つい先日、無事に引っ越しを終えた。

     

    引っ越しというのは、いろいろな選択を迫られる場面が多い。

    どの地域に引っ越すのか、どんな部屋に暮らすのか、何を処分して、何を残すのか、大きな選択から小さな選択までを次々とこなさなくてはならない。

     

    迷うことなくできる選択もあれば、一度、選択したものの「あれでよかったのだ...

    January 18, 2014

     

    この年末年始に京都にあるヴィパッサナー瞑想センターに滞在し、10日間の瞑想コースに参加した。そこで体験したことを自分自身の覚え書きとして残しておこうと思いつつ、2週間近くが過ぎてしまった。

     

    というのも、コースから戻って2日後から体調が思わしくなく、その後、喉の痛みや咳、鼻水、発熱など風邪のような症状が...

    December 5, 2013

     

    私はヨガスタジオで受付を担当している。初めてスタジオを訪れた人が、受付担当者にもつイメージは、思った以上に大きいと気づかされたことがあった。

     

    スタジオに来る前から、私のことを写真を通して見ていた人が、スタジオで受付したのが私だったと気づいたのが、しばらく後だったと教えてくれた。写真では笑顔が特徴的だっ...

    July 30, 2013

     

    先日、茅ヶ崎に住んでいる友人の好意で、人生初のサーフィン&ボディーボードを体験することができた。

     

    表現として「波に乗る」という言葉のもつエッセンスが好きだったこともあって、サーフィンには以前から興味があった。しかし、幼少期からの水に対する恐怖心が手放せなくて、チャレンジする選択はいつまでたってもできず...

    September 10, 2012

    8月19日、友人が主宰するワークショップにゲストとして招いてもらった。

     

    「話す・聴く・気づきのワークショップ」というタイトル通り、話して聴くという行為の積み重ねから、自然と気づきがもたらされる時間だった。

     

    ワークショップが終わった直後、そのとき感じたことをざっと手帳にメモしたけれど、まとまった文章を書く...

    March 5, 2012

     

    1週間前に下の親知らずを抜いた。腫れや痛みはだいぶ落ち着いたものの、いまだに鈍い痛みが低音のように響く。

     

    耐えられないほどではない。何かに集中すれば、痛みから意識が離れるだろうし、「ちょっとした痛みで弱音を吐いてはいけない」ともう一人の自分も言う。「抜歯してからそれなりに時間も経ったし、もうだれも同情...

    November 22, 2011

    今年の正月に引いたお御籤のキーワードが「慈悲」だった。

    慈悲、すべてをありのままに受け入れる心。

     

    日頃、何かと物事を評価してしまう自分に気づきつつも、なかなかそこから脱せなかった。そんな自分にとって、まさに今、必要なテーマだと素直に受け取ったことを覚えている。

     

    そして、正月から半年以上...

    Please reload

    Please reload

    RECENT POSTS: 

    WHO AM I ?

    Fumi Kashiwagi 柏木 文

     

    米国クリパルセンター公認ヨガ教師/フェニックス・ライジング・ヨガセラピー公認セラピスト

    Please reload

    SEARCH BY TAGS: 

    Please reload

    ARCHIVE