© 2015-2019 Fumi Kashiwagi

    それは私にも起こりえるもの


    映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を観る。

    ケイシー・アフレックが演じる主人公の表情がいい。不機嫌そうで、人と距離をとりながらも、何か言いたそうな、何かを隠しているような感じが心をザワザワさせる。

    映画には、自分が共感したくなるような人間は誰一人登場しなかった。だから、あくまで他人事として観ることもできるのに、一つひとつの描写にリアリティがあるから、なぜだかこの状況に引き込まれるし、心が揺さぶられる。映画の中で起きるあれこれの出来事の、小さなことから、大きなことまで、それは私にも起こりえるものだと思えるから、彼らの悲しみや怒り、寂しさ、希望が理解できる。共感するのとはまた違った体験をもたらしてくれた、素晴らしき映画。

    http://www.manchesterbythesea.jp